2013年ですよ

新年快乐!

REX23のみなさま、今年もよろしくお願いいたします( ^^) _旦~~

今、AM1:00過ぎです。こちらのテレビも歌番組で年越しですね。

ネットのニュースを見ていると今回の紅白では美輪明宏の「ヨイトマケの唄」が絶賛されています。早く「ようくう」で確認したい! この歌はむかーし昔。いわゆる「放送禁止」の憂き目に遭っておりました。私は15年ほど前に村上秀一(じゃずどらまぁ)のCDで、泉谷しげるがカヴァーしてるのを聴いて初めて歌詞の内容を知ったのですが、これがまた泣けるのです(@_@)たまりませんよぅ。

日本にいるときはあまり紅白に関心がなかったのですが、生徒たちの方が紅白のことを知っているっつうのは悔しい。負けてられないので前回のを確認してみると、嵐の「ふるさと」とか、長渕剛の「ひとつ」とか、本当にド感動ものだったのです。

異国で染み入る日本の歌。。。想像だにしていなかったぜぃ。

中一の女の子が、「先生、この歌を授業で聴きたいです。歌詞を知りたいです。」といって持ってきたのが「美しきもの」という曲。調べてみるとSound Horizonという人?ユニット?のものだそうで。日本で生活していたら、私なんて知るきっかけもなかったでしょうね。しっかり向き合って聴くと良いんですよ! 内容的にはとても難しいのですが、みんなさっそく口ずさんでいましたからねぇ。それから、鉄拳のPV参加で話題になったRAM WIREの「名もない毎日」なども、聴解で使ったらさっそくファンになっているんです。いやはや歌のぱわぁはすごい(+o+)!

つぅことで、皆さんもぜひチェックして見てくだはれませ。

ではでは。

中三の男子生徒たちとの焼肉帰り

中三の男子生徒たちとの焼肉帰り

冬至の日に・・・

餃子と肉饅頭だけのため、食堂のおばちゃんに山盛りにつがれました。

餃子と肉饅頭だけのため、食堂のおばちゃんに山盛りにつがれました。

 12月21日(金)は冬至でした。
 ヤフーにも「ゆず湯につかって、マッタリするカピバラさん」の映像がアップされていましたね。

 我が中国では、冬至に「餃子」を食べる習慣があります。ちょうど日本でかぼちゃを食べるのと同じようないわれがあるそうです。餃子とは、さすが中国ですね。所変われば・・・です。

 ということで、この日の学校の昼食は水餃子でした。しかも、餃子と肉饅頭のみ。欧米の外教たちの中には「No food.So bad.」と何も食べないで嘆いている人もいました。おいしいのに・・・。

 学生たちは、「今日の学食のメニュー・・・昼は水餃子で、夜は揚げ餃子です。うれしいです。」と言っていました。

けん玉がUSAですごいことになっている件

けん玉USA

けん玉も少しやりました。
Kさんみたくパフォーマンスできないのが残念です。
日本のけん玉がアメリカですごいことになっているので
動画リンクを貼っておきます。
Kさん中国でもスターですが、USAでもスターになれますよ。

プロけん玉師・伊藤佑介HPの動画(比較用)
http://www.kendamashi.com/movie.html

Kendama USA
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=eO27srAspfA

おにぎりクラス

J20 おにぎりとみそスープ J10おにぎりクラスJ20の様子。
この6人で米5合全部食べました。
私はひとつも食べないで、ランチにサンドイッチを食べました。(あれ?)
みそ汁はインスタントをマグカップで。
結構気に行って飲んでました。
「おにぎりとみそ汁合うでしょ」といったら、手前左の女の子が「はい」と言いました。

 

1ドルショップで買った紙さらにおにぎり。
海苔の嫌な子が多いです。
なんかカフェっぽいですが、マグカップの中身は味噌汁。

 

 

J10の男の子。朝ごはん昼ごはんを食べていなかったらしく≪家庭事情?≫、もりもり食べてました。

おにぎりの味は中身の好き嫌いが激しので、ゴマ塩と鰹節のフリカケのみ。
ゴマ塩は万人受けする味でした。
鰹節はウエッと言う人が多い。

 

 

作り方は、1ドルショップで買ったお茶碗くらいのカップにラップをのせて、手で触らなくてもいいやりかたでやりました。

今日は、J20とJ10がおにぎり、J9がたこやきをやったので一日中フードクラスでした。
明日の木曜日が今年最後の授業なので、普通に復習などをして、
後半に「ハンサムスーツ」を見せて、クリスマス前の授業を終えるつもりです。

P.S.日本語クラスに水場がないので、スタッフルームのキッチンでひたすらお米を洗っていたら、何人かに「なんでライスをリンス(水ですすぐ)してるの?」と聞かれ、「ライスはリンスするもんですよ」と言ったら、「一度もリンスしたことないわ」という返答ばかり。こちらの米は無洗米なのか分からないのですが「え?洗わないの?」という感じでした。その後、学生からも「先生、どうしたらお米がこんなにもちもちするんですか?」と聞かれたので、「リンスしたらきっとこうなるよ」言うと、「あー。そういえばお父さんがリンスしてるの見たことないですね」と言っていました。

荒川先生がユーチューブを使ってやっていること

カナダ・アルバータ教育省の日本語教育アドバイザー・平田さんより
外大の荒川先生の日本語教育基本講座についての紹介があったので
こちらでもリンクをはっておきます。
少し受講しましたが、とても面白いです。

http://www.sepia.dti.ne.jp/yohey/topics2.html

授業の面白さについて荒川先生曰く。
「語学だけではなくて、本質的に面白いコンテンツはないはずなんです。
面白さはどこにあるかというと、教師の語り口やもって行き方にあるのであって、
教師がどんな味付けをするかで面白さが決まります。
学習者がたくさん話す、自己表現ができているということが授業の基本であると考えて、
これを目指して授業を組み立てるとよいでしょう。」