ショック!!

みなさま、お久しぶりです。

こちらはそろそろ夏だというのに、変な天気が続いております。最高気温が30℃と20℃の日が交互にやってくるような感じで大変です。加えて、こちらによく咲いている「ジャカランダ」という、紫色の花をつける南アフリカ原産の木があるんですが、その花粉に僕はどうやらアレルギー反応があるようで、花粉症が大変です。最近ようやく落ち着いてきましたが。

さて、タイトルにも書きましたが、大ショックです。

我々のときにも、蓮舫おばちゃんが仕分けるだとかで、なかなか国の予算が付かず、詳細が決まったのが本当に年度末の終わりだったREXですが、とうとう総務省と文科省の総意により、次年度からの募集が停止になってしまったということです。(岡山県の指導主事からの情報)

岡山はアデレードと「姉妹州縁組」を締結していることから、今後も教師交換は行っていくようです。しかし、事前研修なしの派遣期間は1年間に短縮だそうです(4月~3月末まで)。姫路が姉妹都市で、以前からREXとは違うプログラムで2年間派遣されている先生がいらっしゃいますが、姉妹都市の姫路でさえ派遣期間を1年間に短縮してほしいという要望がアデレード側から出ているということです。予算の関係ですかねぇ。。。

ともあれ、実際に派遣された身にとってこれはショックです。24年(前身から言えばもっとなのでしょうが)も続いたことを終わらせるのは、かなり大きいことですよね。

ということはですよ、後進がいないということは、我々が帰国したあとの5月末頃の「帰国報告会」も無くなるということなのでしょうか???いや、独自にでもやりましょうよ!

ショック!!” への5件のコメント

  1. sugiさん、ちぁーっす。

    御意。
    うちの県もどうなるのかは今の県議会で決まりそうです。

    報告会事態はあると信じています。
    そこで、もしくは打ち上げで、思いのたけをぶつけようではありませんか!!
    よろしく(-_-)/~~~!!

  2. シマです。かなり放置してました。すみません。報告会はやりたい!また西武多摩川線に乗りたい!みんなに会いたい!外大の先生に会いたい!という訳で(どんな訳でも)オレ東京さ行くべさ。報告会の予算は、どこが出すんですかね。自治体でしょうか総務省でしょうか。REX23の予算に当初から組み込まれているのなら問題ないでしょうが。はて?

  3. みなさん。ショックな情報を隠していてごめんなさいm(_ _)m 言い出せませんでした・・・・
    春の日本語教育学会でせっかくREXの宣伝をしたのに、徒花になってしまいました(TT)

    今までは、その年度の研修の一貫として報告会をやっていましたので、研修がなくなると、予算の出所もなくなってしまうと思われます。別途捻出する必要がありますが、何かいいアイデアがないものでしょうか・・・。

    外大(菅長)は、今後、REX帰国教員のサポートに力を入れていきたいと考えています。新人は増えないけれど、先輩たちと手を携えて、REXの成果を還元していきましょう!!

  4. そうですか。基本的にはない、ということですね。残念。先日、北海道大学の留学生担当の方が私のクラスにきて、プレゼンして帰りました。北海道大学にはカナダ人が4人しかいない!らしいです。「君たちのだれか5人目になれよ」と言っておきました。帰国後に何かできそうな気がしていますが、アイデアがまだ出てきません。考えます。

コメントを残す